sawacamera photography

カメラ・本・ハワイのコト

【#170】映画から学ぶ「大切なコト」

ハワイ大好きフォトグラファーのさわだです。今回は、カメラでもハワイでも本のことでもなく映画のお話。

 

f:id:sawacamera33:20180927095414j:image

 

ボクの大好きな映画TOP5に入る「Rocky」

久々にゆっくり見ましたよ。それも1とか2じゃなくてファイナル。

 

 

サブタイトルがいいのよ。「自分をあきらめない」

 

 

みなさんご存知の通りこの映画の一番の見どころは、不遇のボクサーが何度パンチを受けても、何度倒れても起き上がっていくそんな「あきらめない心」

 

 

無名だった頃のスタローンが、モハメド・アリの試合を観戦し、感銘を受け3日で1つの脚本を書き上げ、映画会社に脚本を持っていったところ、

 

「なかなかいいね。この脚本7万ドルで買うよ。そして人気俳優を主役にしよう」

 

という映画会社からの提案を、自分が主役でないと脚本は渡せないと断ったのです。

 

当時スタローンは、犬の餌も買えないほどお金がなかったそうですが、自分の信念にしたがって映画ではありえないほどの低予算で作品を作っていったのです。

 

そうして作られた映画こそ「Rocky」なんですね。

 

引用:今から見たいシルベスター・スタローン

https://matome.naver.jp/m/odai/2139227341920484201

 

そんな映画を見てとても自分に言ってるような、大切にしたいコトバがあるのでシェアします。

 

 

I'll tell you something you already know.
もうわかっているはずだ

 

The world ain't all sunshine and rainbows.
世の中バラ色じゃない

 

It's a very mean and nasty place.
厳しくてつらいところだ

 

And I dont care how tough you are, it will beat you to your knees and keep you there permanently if you let it.
油断したら、どん底から抜け出せなくなる

 

You, me, or nobody is gonna hit as hard as life.
人生ほど重いパンチはない

 

But it ain't about how hard you hit.
だが大切なのは

 

It's about how hard you can get hit and keep movin' forward.
どんなに強く打ちのめされても

 

How much you can take and keep movin' forward.
これらえて前に進み続けることだ

 

That's how winnin' is done.
そうすれば勝てる

 

If you know what you're worth,get what you're worth,
自分の価値を信じるなら、パンチを恐れるな

 

but you gotta be willin' to take the hits and not pointin' fingers,
sayin' you ain't where you wanna be because of him or her or anybody.
他人を指さして自分の弱さをそいつのせいにするな

 

Cowards do that, and that ain't you.
それは卑怯者のすることだ

 

I'm always gonna love you no matter what, no matter what happens.
なにがあても俺はお前を愛し続ける

 

But until you start believin' in yourself, you ain't gonna have a life.
自分を信じるなきゃ人生じゃないぞ

 

 

映画から学ぶこともたくさんありますね

 

f:id:sawacamera33:20180927101800j:image

なにも人生のwinnerとか大きく考えなくて、半年後、1年後ちょっと先の区切りの時にこのポーズができるように過ごしていきましょう^ ^