sawacamera photography

カメラ・本・ハワイのコト

【#158】日本でいちばん幸せな社員をつくる!

ハワイ大好きのフォトグラファーsawacameraは、以前から読んだ本のログとしてブログをやってるんですが、

 

今回からアメブロからお引越ししてこちらでアップしていきますね。

 

 

f:id:sawacamera33:20180705144221j:image

【日本でいちばん幸せな社員をつくる!】

柴田 秋雄著

 

大赤字のホテルの再建を託された新支配人が大切にしたのはまさに「ひと」だった。日本でいちばん心温まるホテルの常識外れの経営哲学が学べる1冊。

 

 

ではここからボクがピンときたアンダーラインを紹介しますね。

 

・会社が心を開ける場所になったら、お客様にだって心を開けるようになるp7

・人は自分にやさしくしてくれる人のことを大事にしたくなる。その力の大きさを忘れていないかp12

・自分に足りないスキルを人間的な部分で補おうとしてる子のほうがいいp44

・仕事と思うな私事にしろp109

・人に嘘をつくのは悪い。自分に嘘をつくのはもっと悪いp64

 

 

この1冊はTVにも放映され反響が大きかったので知っている人も多いかもしれない。

 

会社とは利益を生み出すもの。

 

確かに間違ってはいない。でもそこには人が不可欠であり、人を成長し、本当の充実感、幸せを生み出す会社がどのくらいあるだろうか?

 

人ひとりの力を信じていないからこそ、ノルマにとらわれるのではないだろうかと思う。

 

人が成長し、自分の制御を外してしまえば、ノルマなんで本来いらないのかもしれない。だって、ノルマという壁を1日で越えてしまうことのできるイマジネーションをすることができれば、それは可能になるのだから。

 

経営を学ぶ本というよりは、組織みんなで、人間の本質の部分で幸せになるにはどのように向き合えばいいかというキッカケづくりになる1冊ですね。

 

 

 

過去の本のコトはこちら↓

https://ameblo.jp/kopetaro/