読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【#30】チラリズムといっていいのか?

ゆるフォトグラファーsawacameraです チラリズム といってみましたが、 パンチラ、いやオムチラです

【#29】パパラーッチ

ゆるフォトグラファーsawacamera です なんとなくカメラ構えてたらパパラッチにみえたようで拒否されました そもそも「パパラッチ」というのを理解してるかはわかんないですけどね EOS 6D F4

【#28】ニテイル…

ゆるフォトグラファーsawacameraです 幼なじみ通しの、しかも同い年の子どもたち どことなく似ている… by iPhone

【#27】距離感は大切なようです

ゆるフォトグラファーsawacamera です 「ねこさーん」といいながら追いかけるが、 この距離感は保ったままでした @sturbacks miyajima

【#26】サウスポイント

ゆるフォトグラファーsawacameraです 3年前ハワイ島のサウスポイントに行った時の1枚 かなり久々のサウスポイントだったけど、やっぱり自分の小ささに気付かされる 今度行ったら思いっきりの広角で撮ってみたいね @big island with big jin

【#25】おすまし顔

ゆるフォトグラファーsawacameraです 友だちのおうちに行くと仲良くなったトイプーちゃんがお迎えにきてくれます いい顔撮りたかったんだけど、今回はおすまし顔でゆるしてねというとこでしょうか By EOS 6D F4.0

【#24】サイズ感ってムズカシイ

芋をたべる でもそれはムリだと思うよ

【#23】やわらかな自然光

ゆるフォトグラファーsawacameraです カフェリナ協会のお仕事の1枚。リースに仕上がったパンとやわらかな自然光がいい感じでマッチ 50mmの解放が未だにお気に入りです @plusonecooking

【#22】「間」を遊ぶ

激ゆるフォトグラファーsawacameraです 手毬寿司を型で抜いてスタイリング ついギュッと詰めて盛ってしまいがちだけど、「間」をあけてみるとスッキリ 笹の葉の向きと色味のバランスにちょっぴり甘さが残ったかも… @PLUS ONE COOKING

【#21】雰囲気重視で撮ってみる

激ゆるフォトグラファーsawacameraです 「あ、なんかいい」でシャッターきってます 和牛の粗挽きハンバーグにBBQソースとチェダーチーズ 、グリルトマト… ビーチで食べたらうまさ100,000倍だな @PKUS ONE COOKING

【#20】バリスタの手しごと

激ゆるフォトグラファーsawacameraです。 友だちのバリスタのイベントに参加した時の1枚 ラテアートは丁寧さとスピードが求められるなかなかの仕事 ラテアートが注目されがちですが、そもそものエスプレッソ、ミルクのフォームがきちんとできてないといけな…

【#19】新しい観察のしかた

最近スマホ用のクリップ式レンズをよく使ってます。これを使うだけで撮る楽しみがまた変わってくるんよね。 昆虫館にて、 だら〜っとしてるように見えますが、本人的には蝶々を観察しているそうです iPhone & fish lens

【#18】未来はメダリスト?

リースをかけるとなぜか笑う すでに表彰台のイメージか⁈ あなたの未来は無限大です EOS KISS x4 50mm

【#17】朱のイロとミドリ

Kyoto trip #9 この距離からでも朱色が引き立つってすごいよねー 紅葉の夜、ライトアップなんかもよさそうだなーと思う1枚 @京都伏見

【#16】清めることは美しきかな

Kyoto trip #9 神社にあるお清めのやつです コレするとなんか気持ちが凛とするんよね @kyoto inari

【#15】花より団子、いや草かも

Kyoto trip #8 清水寺付近のお茶屋さん なんの花とか全くわかんないけど、草の生え方とあうかなんか気になって、またもや激ゆるフィーリングでの1枚 @kiyomizu temple

【#14】こーゆう身軽さがいいね

Kyoto trip #7 この雰囲気にピンときてシャッターをきる。 このラフで身軽な雰囲気というかオーラというか好きですね。 こんな雰囲気がもてる大人になりたいな @kiyomizu temple

【#13】カルツォーネがトロリ…

ゆるフォトグラファーのsawacameraです。 カルツォーネの中には、トマトの酸味を残したトマトソースにトロリ溶けたモッツァレラ。 お腹すいてきた… @plusonecooking

【#12】京都にはやっぱり合う

Kyoto trip #6 いい感じのカップがいい感じのとこにいたのでスナップ。 やっぱり京都は着物がハマると再確認。 @kiyomizu temple

【#11】凛とした

Kyoto trip #5 鳥居を歩いてると林の隙間からこの絵が見えた。「なんかいい」の1枚 神社特有の凛とした空気が落ち着かせてくれる @京都稲荷

【#10】さすが3年連続No.1

Kyoto trip #4 トリップアドバイザー3年連続No.1の「京都稲荷神社」 大人気だね。 でも個人的に気になったのはウォーリアーズのTシャツの少年。イグダーラの選択にセンスを感じる。 @京都稲荷

【#9】ご利益うけるのも楽じゃない

Kyoto trip #3 線香の煙でご利益を。ほんとかどうか別として風向き次第で目がヤられる… @清水寺

【#8】弁慶さん、まじで履いてたんすか?

Kyoto trip #2 弁慶の鉄下駄。まじで重い。100%スチールやで!履いたら指もげるね笑 @kiyomizu temple

【#7】清水寺といえばこのポイントね

Kyoto trip #1 とりあえずよくみるとこから1枚。三脚使えずただの荷物に… @kiyomizu temple

【#6】子どもフォトグラファー?

子どもってほんとよく大人をみてるね。 「う〜ん、いいかんじ」 おれの真似か⁇ I-phone6

【#5】ナシゴレンってクセにるよね

ナシゴレンの1プレートを撮ってみる。 やっぱりフライドエッグの艶感が目をひくんだなー 「ナシゴレン」 土曜のお昼はコレだね @PLUS ONE COOKING

【#4】子どもだってうまいんだもん

どうもゆるフォトグラファーのsawacameraです。 とある日の公園で、全力で走り回った後の一杯はたまらないらしい。 大人になったらビールになるかもね^ ^

【#3】キメ顔キッズ

どうもゆるフォトグラファーのsawacameraです。 子どもの初遠足。 シャボン玉もずいぶん上手にできるようになったことをアピールしたかったようです。

【#2】サンマの蒲焼はもはや定番?

どうもゆるフォトグラファーsawacameraです。 秋になるとやっぱりサンマは外せない。塩焼きでシンプルにでも、刺身も^ ^ でもごはんをかきこみたくなるのは、 「サンマの蒲焼き」 ちょっと山椒を効かせるとまた…いい^ ^ @PLUS ONE COOKING

【#1】カルツォーネはブランチ向き?

どうもカメラを始めて2年目のsawacameraです。 相棒カメラEOS 6Dで、仕事と半分趣味的な料理の写真などなどゆるい感じで載せていきます。とりあえず初回は、 「カルツォーネ」 おいしそうよりも雰囲気を活かしてみました。 休日のブランチによいかも^ ^ @料…